在宅訪問支援とは?

調剤薬局への来局が難しい患者さまのご自宅や施設に薬剤師が訪問し、処方せんによる薬をお届けします。

在宅訪問支援のサービス内容

訪問時は、正しい服用方法や服用状況の確認、副作用のチェックなど、より健康で質の高い在宅療養が行えるようサポートし、必要に応じて、お聞きした内容を医師に報告するなど連携を図ります。

薬剤師が訪問することで、患者さまの生活環境や残薬などを正確に把握することができ、ご本人・ご家族の負担や不安が少しでも取り除ければと心がけています。

また、在宅で療養する患者さまの飲み忘れや飲み間違いを軽減するため、朝食後に飲むもの、昼食後に飲むものなどが一目でわかるよう、医師の処方にあわせて一包にまとめた薬をお渡ししたり、錠剤を粉砕したり、ひとりひとりに合わせて調剤するようにしています。

どのようにすればお薬が飲みやすくなるのか?患者さまの生活環境は整っているのか?と考え、安心出来る情報を笑顔とともにお届けします。

こんな時はお気軽にご相談ください

[Q]薬局行くのが大変[A]ご自宅へ伺います
[Q]薬を飲み忘れる[A]飲み忘れがないようお手伝いします
[Q]薬の管理ができない[A]薬の整理をいたします
[Q]薬が飲みにくい[A]飲みやすい工夫をいたします

訪問までの流れ

1.ご相談 訪問までの流れをご説明いたします

お気軽にお問い合わせください。おかかりの医師やケアマネジャーにもご相談いただけます。

2.指示 医師の指示を受けます

医師に薬剤師の訪問について指示を受けます。

3.調剤 処方せんに基づいて調剤します

飲み忘れや飲み間違いのないように、ひとりひとりにあわせて調剤をします。

4.ご訪問 患者さまのお宅へ訪問いたします

薬剤師がお薬の正しい安全な使い方のご説明や、きちんと服用できているかの確認、他のお薬や健康食品との組み合わせや副作用チェックなどをします。また、ひとりひとりの患者さまにあった管理方法などもご一緒に考えていきます。

5.報告 医師・ケアマネジャーへ報告・連絡いたします

訪問時の状況を医師やケアマネジャーに報告いたします。

 

  • 医師の指示が必要となります。
  • 介護保険の認定を受けている方は、薬局との契約が必要です。※介護保険の認定を受けていない方は、医療保険を利用します。
  • 訪問期日時は、患者さま、ご家族さまのご都合を伺いご相談させていただきます。

かかる費用は?

お薬代は健康保険を利用し、1~3割の個人負担金がかかります。
また、在宅患者訪問薬剤管理指導料として下記の金額がお薬代に加算されます。

介護保険をお持ちの場合

ご自宅で療養中 : 503円*(月4回まで)
介護施設で療養中、同一建物居住者 : 352円*(月4回まで)   *1割負担の場合

医療保険を利用される場合

ご自宅で療養中 : 650円*(月4回まで)
介護施設で療養中、同一建物居住者 : 300円*(月4回まで)   *1割負担の場合

  • ※麻薬処方の場合や癌末期患者さまの場合など一部例外もありますので、詳細につきましてはお問い合わせください。
  • ※ご指定の金融機関からの引き落としも承ります。